お知らせ

ウェル・カウンセリング・ルーム
        *∞*お知らせ *∞*

2017/1/16

・電話(スカイプ)によるカウンセリングを始めました。

・ご予約の「キャンセル料」を追加いたしました。詳しくは、こちらをごらんください。

2017/1/10

手話と筆談によるカウンセリングにも応じています。

聴覚障害者の方はオンライン予約をご利用の上、備考欄にその旨をご記入ください。

2017/ 5/8 

ホリスティックケアのすすめ皐月「脳が疲れていませんか?」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2017/ 4/1 

ホリスティックケアのすすめ卯月「新しい環境に溶け込むために知っておきたい技法とは」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2017/ 3/1 

ホリスティックケアのすすめ弥生「『今の自分を変えたい、変わりたい』と思っている方へのメッセージ」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2017/ 2/1 

ホリスティックケアのすすめ如月「あなたの一番の理解者はどこにいる?」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2017/ 1/5 

ホリスティックケアのすすめ睦月「あらためて『ホリスティック』とは何かを考える」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2016/12/1  

ホリスティックケアのすすめ師走「大掃除が一番必要なのは……脳かもしれない?!」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2016/11/1  

ホリスティックケアのすすめ霜月「『病名はつかないけど不調』~健康と病気の間にあるものとは~」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2016/10/1     

ホリスティックケアのすすめ神無月「『例外』を探すとうまく行く!?」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2016/9/1  

ホリスティックケアのすすめ長月「一流アスリートに学ぶ、メンタルコントロール術」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2016/8/1 

ホリスティックケアのすすめ葉月「虫よけ対策を万全にして夏を楽しもう!」をアップいたしました。ぜひ、ご一読ください。

2016/ 4/ 17

熊本県を震源とする地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。



お知らせ

    ウェル通信 

    ~生き方レシピ~

2016/12/15

 カウンセリングルーム日記【師走】

2016/12/ 1
 大掃除が一番必要なのは……脳かもしれない?!【ホリスティックケアのススメ更新】

2016/11/15

 カウンセリングルーム日記【霜月】

2016/11/ 1

 健康と病気の間にあるものとは?【ホリスティックケアのススメ更新】 

2016/10/26

 カウンセリングルーム日記【神無月】 

2016/09/ 1

 一流アスリートに学ぶ、メンタルコントロール術【ホリスティックケアのススメ更新】 

2016/08/31

 カウンセリングルーム日記【長月】 

2015/04/27
【今日のConfort】 ベランダガーデニング

2015/02/26
【今日のConfort】 出汁(だし)

2015/02/02
乾燥に負けない!
【ホリスティックケアのススメ更新】

2015/01/14
【今日のconfort】 動作法

2015/01/07
よき眠りにいざなう3ステップ
【ホリスティックケアのススメ更新】
クレジットカードご利用いただけます

ルーム紹介

基本理念

基本理念

私たちの生活の中ではデジタル化が進み、とても便利に日々を過ごすことができています。
また、コミュニケーション手段としての広がりも多様化しています。
その一方で、コミュニケーション不足とも言われているのはどうしてなのでしょうか。
私たちは本来、自然や人との繋がりの中で、五感の刺激を受け、人間らしい営みができているのではないかと考えます。

私たち、リプレンスプラスは Holistic Human Support という人間まるごとに関わることを大切にし、「こころとからだは一体」という考えを尊重し、心身両面からのアプローチにより、その人がその人らしく、より良い生活や人生を送れるようなライフスタイルを提案していきます。
人が人と触れ合うことで、温もりや安心を感じ、人間本来の力を発揮できていきます。
五感と絆を大切にし、個人と企業に「調和と豊かさ」の実現を目指し、応援していきます。

さらには自然と人間との調和、創造的で豊かな社会に貢献します。

カウンセラー紹介

渋谷のウェル・カウンセリング・ルームのカウンセラーをご紹介しています。当ルームのカウンセラーは全員、企業での社会経験を積んだ産業カウンセラーです。さらに東洋・西洋医学、臨床心理や各種療法を学び、ホリスティックの概念を深く理解しています。女性ならではの丁寧できめ細やかな対応を心がけ、日々ご相談に訪れる方々のお気持ちを尊重しています。

篠原広美   (常勤)

リプレンスプラス代表

ウェル・カウンセリング・ルーム院長

篠原広美

読売日本テレビ文化センター心理講師や幼稚園・小学校の児童の母親を中心としたリラクゼーションやセルフケア、コミュニケーション講座、アロマ講座、企業にて働く人のメンタルヘルス講座、新入社員研修、管理職研修、役員研修の講師として活動。また、GTレーシングドライバーのメンタルケアやパラリンピック選手の体のケア、川崎市立井田病院内にてハンドアロマ講座を担当。近年では、医療と患者を繋ぐ市民医療マイスター(患者支援メディエーター)として病院内で活動中。2014年からは渋谷区内介護老人施設にてハンドアロマのボランティア活動を始めています。

10代の頃より母がアルコール依存症で体調を崩していました。いつも肩こりや腰痛を訴え、ほぐして喜んでもらえるのが嬉しくてからだを触るうちに単にからだの疲れではなく、ストレスでこころが疲れ、からだに症状として出るのだとわかりました。こころとからだの事を知りたくて学び始めた時、「ホリスティック」という概念に出会い、人を丸ごとケアしたいと決めました。30代半ばには、過重労働からうつ症状が現れ、生活を見直すために方向転換をし、徐々に回復していきました。

近所の駆け込み寺のような存在の母の傍らで一緒に相談を聴くうちに人間観察が好きになっていきました。社会人になり、人と関わる仕事に興味を持ち、人事総務、コミュニケーションマナー講師、サービス業の接客、海外ブランドの直営店販売統括などの仕事を経験し、人と人の間に起こる問題は共通するということに気がつきました。上司部下、嫁姑、親子、夫婦、男女等の人間関係の悩み、コミュニケーションについてはお任せ下さい。

生きている以上、大小様々な壁や困難に直面することはありますが、心理療法には気持ちを軽くして、それらを乗り越えやすくするノウハウがあります。カウンセリングは“病んだ人が受けるもの”という概念ではなく、誰にでも役立ちます。こころもからだも緩み、軽くなり、元気の湧いてくるカウンセリングをモットーにその方の可能性を信じて取り組んでいます。

資格産業カウンセラー、心理相談員
所属協会・学会日本カウンセリング学会会員、日本自律訓練学会会員、日本ホリスティック医学協会会員
経歴一般企業の人事総務、ビジネスマナー講師、サービス業の販売及び販売管理を経験。民間カウンセリングルーム勤務6年を経て、2007年にカウンセリングルームを開業。

 

小山恭子 (非常勤)

スーパーバイザー

小山恭子

東京学芸大学卒、元中学教諭。保護者や教職員のケア、支援も行う。また、精神科での入院患者のカウンセリングや朝日カルチャーセンター・心の相談室の相談員としての経験を持つ。近年では、各種専門学校のスクールカウンセラー、ヘルパー養成講座の臨床心理講師、パラリンピック選手のメンタルトレーニングを担当し、現在に至る。家族療法担当。


カウンセリングの目標は、精神的自立を援助し、クライエントをはぐくみ育てることです。来室の時よりも帰る時に表情が明るくなり、“ホッとした”“来て良かった”と思えるようなカウンセリングをいつも心掛けています。

資格・経歴ガイダンスカウンセラー、日本教育カウンセラー協会上級認定カウンセラー、日本カウンセリング学会正会員、日本自律訓練学会会員、日本臨床動作学会会員、ヘルパー養成講師、DV被害者相談員他。カウンセラー歴25年。

 

金丸直美 (非常勤)

金丸直美

私は昔、一般企業に勤務していて、そのときにメンタル的に問題を抱えた同僚と一緒に仕事をしていました。当時は情報や知識もなく、その同僚と上手くコミュニケーションをとる事ができませんでした。自分自身も様々な不定愁訴を体験し、このままでは本当に壊れてしまうのではないかと思い退職を決意しました。

そのような経験があり、技術的なものを身につけたいと考えた私は学校探しを始め、その過程のなかで「心理を学んでいれば色々な事にもっと上手く対応できたのではないか」と考え、心理を学ぶ事を決意しました。

自分自身の体調不良の原因を考えた時にストレスが要因になっているのではないかと感じていたため、心理とボディセラピーを総合的に学べる学校に入学することにしました。学んでいくうちにこころとからだは、やはり密接に関係していると実感しました。

また、整骨院や整形外科で勤務していた際、こころの問題を抱え、薬を飲まれている方の多さに驚き心身両面からサポートする役割の必要性を痛感しました。日々の臨床のなかで様々な悩みや問題を持った方の相談をお受けしています。

カウンセリングを行うなかでいつも感じる事は、誰もが悩みや問題を解決する力を持っているという事です。ただその力に自分で気付いていないだけ。話をしっかりと伺い、気持ちに寄り添い、それぞれの方が本来持っている力が発揮でき、その方の人生がこころ豊かになるお手伝いができればと思っています。

カウンセラーである私自身も、クライアント様から多くの気付きと教えを与えて頂いています。「こんな事を相談するのはちょっと……」と思わずにお気軽にご相談にいらしてください。一緒に「今日より良い明日」を目指していきましょう。

資格産業カウンセラー、マインドボディセラピスト、栄養士
所属協会・学会日本自律訓練学会会員
経歴一般企業にて営業事務、整骨院・整形外科にてボディセラピストを経験。 民間カウンセリングルーム勤務を経て、2007年にウェル・カウンセリング・ルームに勤務。
パラリンピック選手の体のケア、アロマ講座講師、川崎市立井田病院内にてハンドアロマ講座を担当。 

 

乙黒麻衣子 (非常勤)

乙黒麻衣子

こころの問題にはカウンセリング、からだの問題には手技療法、とそれぞれの臨床を重ねるうちに、こころの問題に身体的な、からだの問題に心理的なアプローチも有効であることを実感してきました。

ですから、こころとからだを切り離さずに、目の前にいるあなた丸ごとを受け止め、寄り添えるような存在でありたいと思いながら日々の臨床にあたっています。

人は自然な存在です。あなたの自然なあり方を大切に、生活の中でも適応させられる方法を一緒に見つけていきましょう。こうありたいと願うコンディションであり続けられるよう一緒に探していきましょう。答えはあなたの中に眠っています。

資格産業カウンセラー、東日本療術師協会認定療術師、日本アロマコーディネーター協会認定アロマインストラクター

ホリスティック家外の著者「帯津良一」先生から推薦を受けています

私たちのいのちというものは、目に見える肉体だけで成り立っているものではなく、目に見えない何かが、一つひとつの臓器を結びつけて“場”を形成し、全体としての秩序を与えることによって、一人ひとりの人間のからだをつくっています。

「病は気から」という言葉がありますが、こころとからだは表裏一体であり、切っても切り離せないものなのです。目に見える部分であるからだを扱う医学は現代科学の力によって大きく花開いたわけですが、この花があまりにも絢爛であったばかりに、人々はこれだけが医学であるという思いこみをもつようになりました。

しかし医学が進歩したにもかかわらず、原因不明の病や不治の病はなくならず、私たちは本当の健康を手に入れていない現状があるのも事実です。この事実を目の当たりにして、人は本当の意味の「病は気から」に気づき、目に見えない部分を扱う医療に対して関心が高まってきました。ホリスティック医療とは目に見えないつながりを診る医療です。

リプレンスプラスさんは、施術者一人ひとりが常に意識を高めることで、クライエントの場、カウンセリングの場を高め、より良い方向へ導こうとする、ホリスティックな観点で日々カウンセリングを行なっています。通常のこころだけを診るカウンセリングではなく、一人の施術者がこころとからだを同時に人間丸ごと一つのものとして診て、不調の原因を見つめる、まさに、ホリスティック・カウンセリングというべきものです。

今後のリプレンスプラスさんの益々のご発展を楽しみにしています。

帯津良一

帯津 良一先生と

プロフィール

埼玉県生まれ。東京大学医学部を卒業後、東京大学第三外科医局長、都立駒込病院外科医長を経て、現在、帯津三敬病院名誉院長。日本外科学会、日本消化器外科科学会、日本癌治療学会などに所属。日本ホリスティック医学協会会長。

著書

  • ガンに勝つ「食・息・動・考」強健法(講談社)
  • 「万物」を敬う―生命を高める医療(春秋社)
  • 健康革命(現代書林)
  • 自然治癒力で生き返る(角川書店)
  • 気功太極拳(谷口書店・共著)
  • ストレスの科学と健康(朝倉書店・共著)
  • 健康問答1・2 五木寛之氏対談(平凡社)
  • 死を生きる(朝日新聞出版)など多数