☎ 03-3406-8183

 受付時間 
【月・水・木・金】11:00-19:30 
【土・日】11:00-18:30  
火曜定休 
   お問い合わせフォーム  ≫ 

2021

2021年12月(師走)

2021年11月(霜月)

2021年10月(神無月)

2021年 9月(長月)

2021年 8月(葉月)

2021年 7月(文月) 

2021年 6月(水無月)

2021年 5月(皐月) 元気になる油と体に悪い油

二十四節気・・・

立夏( りっか ) 5月 5日 この日から立秋までが夏。大地の草や木々も茂り夏の気配を感じる頃。

小満( しょうまん ) 5月21日 陽気がよくなり、秋に蒔いた麦などに穂が付き、ホッと一安心(少し満足)するという意味。

3度目の緊急事態宣言が発令されました。対象エリアは、東京都・大阪府・京都府・兵庫県で、4月25日~5月11日までの17日間です。

桜の季節に解除され、風薫る緑美しい季節に自粛に。感染者数を見ると止むを得ませんが、とても残念です。一年で最も気持ちの良い季節に再び自粛することになりましたが、密にならないよう気を付けながらもどうにか外に出て、青い空や白い雲、緑を眺めながら、陽を浴びて深呼吸をしてみてください。

陽を浴びると、セロトニンがつくられ、気持ちも晴れてくることでしょう!


今月のテーマは、先月に続き、油の話です。病気と油の関係や、体に良い油の摂り方について紹介します。

 悪い油は身近にあふれている?

つい食べてしまうお菓子やパン、ファストフードに使われている悪い油の正体は、トランス脂肪酸。

世界各地で規制が進む一方で、日本ではまだ多くの食品に含まれています。

トランス脂肪酸とは、構造中にトランス型の二重構造をもつ不飽和脂肪酸です。天然のものではなく、高温処理や水素添加によって発生します。悪いとされる理由は、体内の細胞膜に入り込み、細胞の働きを狂わせ、悪玉コレステロールを増加させることにより、さまざまな病気のもととなってしまうからです。

 トランス脂肪酸による体への影響

●DHA不足


脳の機能向上や抗うつ作用のあるDHAが、体内で変換されにくくなり、イライラや怒りっぽさが強まり、攻撃的になる。


●ホルモンバランスが乱れる


気持ちを落ち着かせるDHAが生成されにくくなるため、ホルモンバランスが乱れ、うつを発症しやすくなる。


●必須脂肪酸不足

幼児期の脳の発達に必要なオメガ3系の脂肪酸よりもトランス脂肪酸を多く摂取することで、子どもの体内酵素を壊し、脳の発育に悪影響を与え、ADHD(注意欠陥・多動性障害)や学習障害に影響を与えていると言われている。

 元気になる油

◎アマニ油

アレルギー体質の改善、免疫向上、血液サラサラ、認知症予防、記憶力アップ


◎ココナッツオイル

代謝アップ、脂肪燃焼、便秘ケア、効率的にエネルギーに変換


◎オリーブオイル

悪玉コレステロール値だけを下げる、動脈硬化・心筋梗塞・糖尿病による血管の病気を予防

※偽エキストラバージンオリーブオイルに注意。1グラム3円以上が本物の目安。


◎麻の実油

心を落ち着かせる、PMS(月経前症候群)の緩和


◎エゴマ油

脳の神経細胞を活性化、学習能力アップ、認知症予防


◎アボガドオイル

ビタミンB群やβカロテンが多く、ウィルスや細菌への抵抗力を高める

 保存方法が大切

たとえ良い油を選んでも、保存方法が不適切だと油の質を低下させてしまいます。


極力避けるべきなのは酸化です。


・・・日光だけでなく、蛍光灯にも反応するので棚の中に入れる。


・・・コンロ付近や直射日光が当たる場所は高温になりやすいので注意する。


空気・・・ボトルの中の油量が少なくなると空気が溜まり、酸化が進みます。小さい瓶に移し替え、フタはしっかり閉めましょう。

2021年 4月(卯月) 健康の鍵は「脂質」にあり!

二十四節気・・・

清明( せいめい ) 4月 4日 すべてのものが清らかで生き生きしているという意味

穀雨( こくう ) 4月20日 穀物の成長を助ける雨のこと。穀物の芽が伸びる頃。

春になると、桜前線の話題で盛り上がります。今年は、3月11日の広島を皮切りに、全国的に、平年よりもかなり早く開花がスタート! 3月下旬には、開花前線が東北地方まで到達しました。

一方、緊急事態宣言は解除されましたが、昨年に続き、お花見などの宴会は各地で自粛中です。

それでも、桜色に包まれた日本列島各地のニュースに触れるたび、華やいだ気持ちになりますね。


 体を構成しているもの

水を当たり前のように買うようになってどのくらい経つでしょうか。

一般的になり始めたのは、ウィスキーの水割り用として、業務用のミネラルウォーターが発売された1970年代前半だそうです。その後、1990年代になると、マンションの貯水タンクの水質汚染が問題となり、水の安全性が注目されるようになりました。今や、コンビニエンスストアの売上で多いのは、水とお茶に。水道水を飲むより、「美味しく安全な水は買うもの」という認識になりました。

ところで、私たちの体を構成している多くは、「水」と「脂質」と「タンパク質」。種類の多い水は、こだわりを持って選んでいる方も多いはずです。かたや、生きていくために必要な脂質についても、健康維持を目的に、「元気になる油」を選ぶ時代になってきています。

肥満が増えている昨今、脂質についての知識は、健康になるための鍵とも言えるでしょう。

 脂質の重要性

脂質は、大きく分けて、「油」と「脂」があります。

両者の違いは、「油」は常温で液状であり、主に植物性。「脂」は、常温で固体、主に動物性です。

脂質というと、“太る”とか“コレステロール値”と関連付けられることも多く、悪者のイメージが少なからずあるかもしれません。

しかし、右表のように、大切な働きがあります。

 脂質の種類 〜飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸〜

脂質の主成分は脂肪酸です。脂肪酸は次の2つに分類されます。

1 飽和脂肪酸

 常温の時に固体であることが多く、主に肉類の脂やバターなどの動物性。例外として、植物性のココナッツオイルがあります。免疫力を高め、抗菌作用があり、酸化しにくく熱に強いのが特徴です。


2 不飽和脂肪酸

常温では液状で、植物油に多く含まれます。


不飽和脂肪酸は、さらに以下の3つに分類されます。

①オメガ3系(多価不飽和脂肪酸)

α−リノレン酸:エゴマ油・亜麻仁油、青魚などに多く含まれる。

体内でEAP、DHAに変換されるため、青魚の摂取が少ない人は積極的に取り入れたい脂肪酸。


②オメガ6系(多価不飽和脂肪酸)

リノール酸:紅花油・ひまわり油・一般的なサラダ油などに含まれている。

※スナック菓子や揚げ物に使われていることが多く、過剰摂取は弊害が多いので注意!


③オメガ9系(一価不飽和脂肪酸)

オレイン酸:オリーブオイル・なたね油・椿オイルなどに含まれている。

 

「オメガ6系」と「オメガ3系」は、どちらも体内で合成できないため、食事から摂取しないとならない「必須脂肪酸」です。

また、オメガ6系は、アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固める役割。
それに対し、オメガ3系は、アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張と、両者の体内での働きは正反対。

摂取する割合は、オメガ6系は8~11g、オメガ3系は1.6~2.2g と、おおよそ4:1程度に抑えておくことが大切と言われています。(厚生労働省「日本人の食事摂取基準2020年版」)

 


次回は、病気と油の関係や、体に良い油の摂り方についてお伝えします。

(参考文献:川村賢司『元気になる油、病気になる油』)

2021年 3月(弥生) 今こそ、意識してほしいアウトプット!

二十四節気・・・

啓蟄( けいちつ ) 3月 5日 大地が暖まり、地中で冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃。

春分( しゅんぶん ) 3月20日 昼と夜の長さがほぼ同じになる頃。

ロナ禍での卒園式や卒業式が2年目を迎えました。決して喜ばしいことではありませんが、経験が積み重なった結果、対策は万全になりつつあるようです。

誰しも「以前のようには戻らない」と思わざるをえない現状ですが、人間が、状況に応じて対応していく“順応力”は素晴らしいものだと言えます。

発想の転換、これこそが人間力です。

“風の時代に入った”そんな言葉を耳にしたことがある方はいますか? 今こそ、しなやかに 軽やかに 自在に 考えられる力を磨く時なのかもしれません。 

 テレワークで見えてきたこと

テレワークが続いています。

そんな中、リズムを見つけ快適に仕事をこなしている方と、ストレスを強く感じる方との二手に分かれている、と感じる場面が増えてきました。

カウンセリングの現場では、以前はコミュニケーションを取りながら仕事を進めていた方が、テレワークにより、人との会話を対面してできなくなった結果、「上手く発散ができない」と嘆いているケースを耳にします。このような方は、外からの刺激を得てエネルギーを循環させるタイプ。

テレワークに必要なキーワードは、「発散」や「リフレッシュ・気分転換」になってきたと言えます。 


 アウトプットの重要性

情報やエネルギーは、溜め込みすぎてしまうと、空気がたくさん入ってパンパンに膨れたボールのように飽和状態になってしまいます。

たとえば、情報をインプットばかりしていると、整理がつかず、情報過多に。グルグル巡らせている考えの出口がなく、収集がつかなくなります。頭の中にあると、どこへ行っても何をしていても共にあるため、グルグルが止まりません。

そんな場合は、頭に中にあることを、一度、紙や、スマートフォンのメモ、パソコンなどに書き出してみると頭が軽くなります。人に話すことも効果は同様で、スッキリするはずです。アウトプットすることにより、目で見たり、声にして聞いたりすることになるため、整理しやすくなります。

アウトプットも発散の一つ!

頭の中に浮かんでいること、気になっていることを、ぜひ書き出してみてください。

かなりの量になり、驚くことでしょう。 


 自分の発散方法を見つけよう

発散方法は、話す・描く・書く・動くなど、色々あります。

自分に合った発散法を見つけ、テレワークの合間に実践してみてください。大きな声を出してみたり、歌ってみたり、踊ってみたりしながら仕事をすることは、自宅にいるからできることです。

これを機に、発想の転換をはかり、今までにない仕事のやり方を見つけてみましょう。 



2021年 2月(如月) 組織のあり方を体から学ぶ

二十四節気・・・

立春( りっしゅん ) 2月 3日 冬が極まり、春の気配が立ち始める日

雨水( うすい ) 2月18日 積もった雪がゆっくりと溶けだし田畑を潤す頃。昔から雨水が農耕を始める目安の時期。

2021年の「節分」は、2月2日。翌日に迎える「立春」は2月3日です。

意外だと思われる方も多いのではないでしょうか。1897年(明治30年)以来、124年ぶりと聞けば当然かもしれません。

立春とは、太陽の周囲を公転する地球の軌道が315度に到達した瞬間の日のことだそうです。

今年は、その瞬間が<2月3日23時59分>。あと1分で、例年と同じく2月4日になったとか。次回、2月3日の立春は、2025年となっています。

暦の上では春になるとはいえ、今年の冬は、地域によっては雪が多く、寒い日はまだまだ続きます。

とはいえ、徐々に日が長くなっているのも事実。季節は着実に春へと移りかわり、暖かくなる日は近づいています!


 体から学ぶ組織のあり方

自然界にはさまざまな情報が存在し、見方を変えれば、生きる上でのヒントになり得ます。

たとえば、私たちの体。大まかにいうと、基本単位は、「細胞」一つひとつ。その細胞が集まり、「組織」ができ、組織の集合体が「器官」と呼ばれます。器官とは、消化器系、循環器系、呼吸器系などのことです。それぞれの器官は、身体全体が秩序を保てるよう、各々の役割を果たし、互いに連携し合いながら働いています。

……何かに似ていると思いませんか。そう、会社そのものではないでしょうか。

人が細胞で、人が集まって部署ができ、各部署が違った役割を担い、他部署と連携をしながら動き、会社の成長や安定的な運営を支える---これは、会社だけではなく、目的を同じくするどのような集合体にも当てはまります。


 協働のために大切なこと

体には、内部環境を一定の状態に保ち続けようとする働きがあります。それが、「ホメオスタシス(恒常性)」です。

とても重要なその働きを担っているのは、自律神経や免疫系、内分泌系。何重もの調整メカニズムによって維持されていますが、その調整は、全て情報伝達によって行われます。そこには「フィードバック機構」が備わっており、正常からずれる事態が起こると、すぐにキャッチ。修正を行います。

体内には、情報網がすみずみまで張り巡らされ、いかなる時も情報のやりとりを怠りません。

そう考えると、私たちが活動している会社内、組織内で最も大切なことは、情報伝達、つまり「コミュニケーション」と言えるのではないでしょうか。

今やコミュニケーションの方法はたくさんあります。自然に学ぶならば、それらを臨機応変に使い、スムーズな情報交換を行いながら連携することが重要といえそうです。

体の中には、情報網が緻密に張り巡らされています。同じように情報網を巡らせ、状況を常にキャッチし続けることは難しいかもしれません。しかし、ヒントになることはあるはずです。

同時に、どのような時も休まず働いてくれる体に、感謝の気持ちが湧いてきませんか。

たまには、ご自分の体に感謝してみるのも良いでしょう。



2021年 1月(睦月) 生活の基本に全集中!!

二十四節気・・・

小寒(しょうかん) 1月 5日 寒の入り。これから寒さ本番。寒中見舞いを出す頃。

大寒( だいかん ) 1月20日 一年で最も寒い日。

あけましておめでとうございます

         

        昨年の元旦には、誰もが予測もしなかった一年になりました。


この一年を通して、私たちが気づいたこと・経験したことを学びとし、変わりつつある環境を受け止め、柔軟に最善の選択をしながら心穏やかに、健やかで喜びに満ちた一年になりますことを切に願ってやみません。


        今年は、お正月休みが例年よりも短い方も多いのではないのでしょうか。昨年末からの新型コロナウィルス感染者数が増え、再び自粛体制での新年となりました。どのようにお休みを過ごされましたか?


        リモートワークが当たり前の体制になりつつある中、生活スタイルや価値観は人それぞれに変化しています。

        とはいえ、人間として見た場合、身体的機能はそれほど違いないはずです。


        一年の始まりに、まずは、基本の生活を見直してみませんか。

 快眠・快食・快便 / 食う・寝る・遊ぶ

健康維持、そして自然治癒力のバランスをとるために必要なこととして、「快眠・快食・快便」と「食う・寝る・遊ぶ」という言葉をよく耳にします。

どちらにも共通するのが、「睡眠」と「食事」です。

私(弊社代表・篠原)は、10月、11月と寝不足の日々を過ごし、無理をした結果、12月に体調を崩してしまいました。その時、本当に痛感したのは、睡眠の大切さです。どれだけ規則正しく食事を摂り、食べ物に気を遣ったとしても、体は、適切な時間に十分寝なければ言うことを聞いてくれないのだと思い知りました。

体や脳、目を、本当の意味で休めることで、体ははじめて回復します。リズムを整えるためには、1週間では足りなく、最低でも2週間が必要です。

そして、質の良い睡眠をとるためには、リラックス。ホッとする瞬間の挟み込みが大切で、呼吸が深くゆっくりとなり、眠りへと導かれます。

その上で、質の良い食材を腹八分いただき、腸内環境を整え、無駄なものを排泄。好きなことや楽しい時間を持ち、適度に体を動かす。これに尽きると思いました!

全部を完璧に、となるとなかなか難しいでしょうが、まずは、心や体に「心地よいか?」と問いかけつつ、ゆる~く実践されることをお勧めいたします。

何をするにも体が資本です!

こころとからだにより良い刺激となる情報を発信し、愉しいイベントなども企画したいと考えておりますので、

本年もどうぞよろしくお願いいたします。