☎ 03-3406-8183

 受付時間 
【月・水・木・金】11:00-19:30 
【土・日】11:00-18:30  
火曜定休 
   お問い合わせフォーム  ≫ 

2011

2011年12月(師走)地球にやさしく からだにやさしい大掃除!

二十四節気・・・

大雪(たいせつ)12月7日 北風が強くなり、山も雪で白く色づく頃。
冬至(とうじ)12月22日 この日を境に春分に向け、昼が少しずつ長くなる。 

2011年12月

大きな自然災害が多かった2011年もいよいよ残すところあと一ヶ月。2012年は、希望ある明るい一年となりますようお祈りしております。

おかげさまで「ホリスティックケアのススメ」も2年目を迎えました。これからも、季節と暮らし、こころとからだに役立つ情報を充実させお届けしてまいります。

今回のテーマは、アロマを活用した「大掃除」!一年の汚れを落とし、生活空間と気持ちをリフレッシュして、新年を迎えましょう。 

役立つ精油をご紹介

役立つ精油をご紹介

アロマの精油は、ただリラックスするだけと思っている方も多いのではないでしょうか。

実はこの精油、殺菌や消臭は最も得意とするところ。大掃除の必需品である市販の掃除用洗剤には、化学物質や化学香料が含まれていますが、天然成分の精油なら、地球にもからだにも優しく、使用後はお部屋中に良い香りが漂うので一石二鳥です!ぜひ、年末の大掃除から活用してみてください。

ティーツリー

    数ある精油の中でも殺菌・消毒作用が高く、防カビ効果も。あらゆる場所で重宝。

ラベンダー
    高い殺菌力以外に虫よけ効果も。穏やかな甘い香りでとても使いやすい。

ペパーミント
    除菌・消臭・防虫効果があり、スッキリ爽やかな香りでリフレッシュできる。

レモン
    殺菌・消毒作用があり、レモンそのままの香りで空気清浄にも高い効果が。 

とっても簡単な活用法

とっても簡単な活用法

①精油クレンザー
重曹100gに精油20滴を入れ、ビンなどに入れてよく混ぜる。

※最も純度・品質が高く安全なのが、薬局で購入できる「医薬品用」。次いで「食用」。

カーペット、ラグ
    直接振りかけ、しばらく置いてから掃除機ですい取ります。ダニや汚れを付着させ、香りも残り、掃除機の清浄にも。

バスタブ、洗面台
    湿らせたスポンジに精油クレンザーをかけ、こすります。

便器
    便器に振りかけ、ブラシでこすります。


②精油ビネガー水

使用感もスッキリ、アルコールからできた無色透明なホワイトビネガーを使います。スプレー瓶に、ホワイトビネガー:水を1:4の割合で薄め、精油を2~3滴入れます。

※穀物酢や米酢、リンゴ酢などは、旨みエキスが含まれているので掃除には不向きです。

窓ガラスの曇り
    精油ビネガー水をふきかけ、キレイな布で拭き取ります。

家具・壁・床
    精油ビネガー水をふきかけ拭き取ると、水だけに比べて、汚れがぐんと落ちます。 

2011年11月(霜月)冬の身体にいいこと試してみよう!

二十四節気・・・

立冬(りっとう) 11月8日 日が早く暮れ、木枯らしが吹きだす冬の始まりの頃。
小雪(しょうせつ) 11月23日 小雪がちらつき始め、冷え込みも厳しくなる頃。 

2011年11月

北海道や東北の山々を皮切りに、日本列島の随所で紅葉が見ごろを迎え、錦秋の風景が味わい深い季節です。美しい紅葉には「昼夜の気温の差が大きい」必要があるといいますが、確かに1日の寒暖差を感じる日が増えてきました。


「紅葉狩り」を楽しむがごとく自然の中を散策すれば、晩秋を満喫するひとときが過ごせる一方で、冷たく乾いた風が身体にしみいり、冬の訪れも実感されることでしょう。
先月に引き続き、今月も「冷え」と「乾燥」対策がテーマです。
自分で試すことで効果も実感できるかも?
健やかな冬を過ごすためにできること、ご一緒にはじめましょう! 

①冷え対策:疲れはその日のうちにリセット

①冷え対策:疲れはその日のうちにリセット

冬の冷えは、私たちの活動を低下させ、体内の血行も悪くするので、病気を引き起こしやすくなります。筋肉疲労の回復が遅くなりがちなのもこの季節です。

蓄積された筋肉疲労によって、やがて筋肉がこわばり、腰や背骨が歪みやすくなることでギックリ腰を起こしやすくもなります。

ですから、その日の疲れはその日のうちに。疲労の蓄積は厳禁です!

入浴時、カラスの行水はやめ、身体の芯までしっかり温まりましょう。それが難しい場合には、こまめに足浴を行なうようにしましょう。足の指と指の間を引っ張って広げてからの足浴はより効果的です。

※足浴の方法は、ホリスティックケアのススメ「2011年1月(睦月)」を参考にしてください。

②乾燥対策:上手な水分補給方法をいくつかご紹介します

②乾燥対策:上手な水分補給方法をいくつかご紹介します

 「冷え」と「乾燥」はワンセット。冷えるから乾きやすくなり、乾くとより冷えやすくなります。唇や口の周りがカサカサしてきたら身体が乾いている合図です。

気がついたらすぐにできる上手な水分補給法をご紹介しましょう。

  • 今の季節は、水を飲むよりも、みそ汁やうどんの汁、スープなど塩分も含む温かいものが良いでしょう。日本人は鍋の後の雑炊が当たり前!そうして効果的に水分を摂りこんできました。皆で鍋を囲んで、楽しく水分補給を!
  • お風呂に入り、湯船に浸かりながら水を飲んで水分を補います。
    飲み方は、一口含んで、口の中で水を転がし、唾液と混ざってトロトロになったら食べるように飲み込みます。チビチビ飲むのがコツです。

月の朔望

2011年10月(神無月)そろそろ冬支度

二十四節気・・・

寒露(かんろ)10月9日 秋も本番、露が寒さで凍り始める頃。紅葉シーズン到来。
霜降(そうこう)10月24日 露が寒さで霜となり始める頃。動植物も冬支度です。


朝晩に肌寒さを感じ、夏の疲れが出やすい時期です。

節電意識が高まった今年は、例年に比べてクーラーで冷えすぎることは少なかったとはいえ、油断は禁物!熱中症対策と言いつつ、冷たい飲み物で内臓を冷やした方も多いのではないでしょうか?

自然界にならって、私たち人間もそろそろ冬支度。これからやって来る冬に備えて、夏の「冷え」を取り、秋の「乾燥」を防いで、身体を整えてまいりましょう。 

①お腹を温める

①お腹を温める

手足などの末端に冷えを感じる方は、お腹が冷えている可能性がありますよ!

わたしたちのお腹の中には、生命維持に不可欠な臓器がたくさん集まっています。ですから、内臓の働きが低下してしまうと、もとは手足に分配するためだった血液もお腹に集められてしまうのです。

身体の芯から温めるのに適した半身浴の他にも、アロマの精油のうち、加温作用をもつブラックペッパーやジンジャー、ローズマリーでお臍の周りをマッサージするのもオススメです。ただし植物油などで必ず希釈してから行ってください。おしゃれになって最近再注目されている「腹巻」も日常的にできる簡単な対策です。

②肘浴

②肘浴

洗面器にお湯(40℃~42℃)を入れ、肘をひたして、頬杖をつくようにしながら約15分入ります。

肩こりや腕のだるさ、首のこわばり、目の疲れなど身体の上部の不調に効果的です。一緒に足浴を行うと全身が温まり、お風呂に入ったのと同じ効果があります。①の精油を1~2滴垂らすと、より効果が高まります。

③温かい水分補給

③温かい水分補給

唇や皮膚がカサカサになってくると、空気の乾燥を感じますね。乾燥がはじまる今こそ、しっかり水分をとりましょう!

そうしないと、冬本番に、身体全体が水分不足でカラカラになり、冷えやすく、より寒さを感じやすくなってしまいます。

さらには、寒さに弱い胃腸に不調を感じたり、風邪を引きやすくなったり、咳も長引いてしまいます。 そうなる前に、野菜スープや雑炊で身体を中から温め、潤していきましょう。

秋に適した食材・・・貝柱、かき、かに、すっぽん、鶏肉、うなぎ、黒豆、ごま、大根、たけのこ、銀杏、さつまいも、里芋、人参、かぼちゃ、きのこ類

2011年9月(長月)身体に効く秋の七草

二十四節気・・・

白露(はくろ) 9月8日 露の量が増し大きな露が白くみえることがこの名の由来。
秋分(しゅうぶん) 9月23日 暑い日が減り、かわりに冷気を感じる日が増える。


朝晩は随分過ごしやすくなってきました。
昼間はまだまだセミの声も盛大ですが、夜の帰り道、耳を澄ますと……ほら秋の虫の声。 

秋の七草

秋の七草

「春の七草」は七草粥に使うように、もともと食べるものとして知られています。
一方、「秋の七草」は観賞するものと言われていますが、実は全てが薬用になる草花。
今回は、その効能をご紹介しましょう。


萩(ハギ)
    マメ科 干した根は漢方薬では、咳止め、去痰、胃の痛み、下痢の緩和に。 また、女性ののぼせやめまいにも有効です。

尾花(オバナ:ススキの花穂が出ている時の呼び名)
    イネ科 根茎は解熱、利尿に。

秋の七草

葛(クズ)
    マメ科 根から採取したでん粉が葛粉、根を乾燥させたものが風邪薬の葛根湯の成分です。発汗、解熱、鎮痛に。芍薬と配合して急激な筋肉の緊張をとる作用もあり、肩こりにも有効です。


撫子(ナデシコ)
    ナデシコ科 種子を漢方薬として用います。
    炎症を抑え、利尿作用があり、むくみや高血圧の緩和に煎じて飲みます。 

女郎花(オミナエシ)
    ナデシコ科 生薬名は瞿麦子(クバクシ)。
    根に利尿作用と通経作用があり、むくみや月経不順に。

藤袴(フジバカマ)
    キク科 生薬名は蘭草(ランソウ)。皮膚のかゆみや糖尿病の緩和に。

桔梗(キキョウ)
    キキョウ科 咳止め、喉の痛みや気管支炎、扁桃炎に有効。
    化膿性のはれものにも効果的です。 

夏の日焼け後の肌のお手入れ

夏の日焼け後の肌のお手入れ

帽子に日傘、手袋、日焼け止めクリーム……。紫外線対策は十分したけれど「シミが増えた気がする」というあなた!まだ、諦めてはいけません。アロマの精油というつよ~い味方がいますよ!

キャリアオイル15mlに希釈して
お風呂上がりやお休み前にマッサージ

~精油のブレンド例~

    皮膚の再生を助ける ラベンダー4滴 & ネロリ2滴
    細血管強壮 ローズ2滴&ゼラニウム3滴
    色素沈着を改善 レモン2滴&セロリ3滴
    保湿作用 ローマンカモミール2滴&キャロットシード3滴

月の朔望

2011年8月(葉月)暑中お見舞い申し上げます。

二十四節気・・・

立秋(りっしゅう)8月8日 秋に入る日。「暑中見舞い」から「残暑見舞い」へ。
処暑(しょしょ)8月23日 暑さが終わる、の意味で朝夕に涼風が感じられる頃。

先人に学ぶ暮らしの知恵

先人に学ぶ暮らしの知恵

みなさんは、節電の中で、どのように“涼”を取り入れていますか?

とりわけ今夏の猛暑対策では、「衣・食・住」における様々な工夫が紹介されています。それらのヒントは、古くからの日本人の暮らしの中に多くありました。自然と共生していた先人の知恵や工夫が今新たに見直されているのです。

簾(すだれ)、風鈴、団扇(うちわ)や扇子、西瓜(すいか)や胡瓜に大葉に茗荷、蚊帳(かや)に打ち水などなど……五感で“涼”を感じようとした日本人の感性には驚くばかり。

私たちも“便利さ”を少し手放すことで、かけがえのない何かを取り戻すことができるかも知れません。 

夏に役立つアロマセラピー

汗と快適に過ごす

~汗を抑えるアロマパウダー~  ※約1ヶ月で使い切ってください
汗を抑え、さらさら気持ちいいパウダーです。制汗作用をもつ精油を使います。
コーンスターチ または 片栗粉 大さじ2、精油(サイプレス2滴+クラリセージ2滴)

①ビニール袋や容器に粉を入れ、精油を垂らす ②まんべんなく混ぜる ③密閉容器に入れ、気になる部分につける

~さわやか消臭スプレー~ ※約2週間で使い切ってください

気になるわきの下や足にスプレーするとニオイの元が抑えられ、一日をさわやかに過ごせます。
スプレー容器30ml、精製水またはミネラルウォーター30ml、精油(サイプレス5滴+レモン2滴+ペパーミント1滴)

① 容器に精製水を入れる ②精油を垂らす ③よく振ってからスプレーする(水と精油が分離するので使うたびによく振ってください) 

夏に役立つアロマセラピー

憂鬱な蚊には

~外遊びも安心!天然成分の蚊よけスプレー~ ※約2週間で使い切ってください

スプレー容器(50ml)1本、精製水またはミネラルウォーター50ml、精油(シトロネラ、レモングラス、レモンユーカリ、ゼラニウムの中から好きな香りを合計10滴)

① 容器に精製水を入れる ② 精油を垂らす ③ よく振ってからスプレーする(水と精油が分離するので使うたびに良く振ってください) 


~刺されたら、即!お役立ち精油~
精油:ティートリー、ラベンダー  ※どちらも原液塗布できる精油です。

① 刺されたらすぐに綿棒に精油を垂らす ②そのままカユいところに塗る  

月の朔望

2011年7月(文月) 節電で、自然な身体を取り戻しましょう。

今年の暑さ対策のポイントは?

二十四節気・・・

小暑(しょうしょ)7月7日 梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃。
大暑(たいしょ)7月23日 大いに暑くなる季節(最も暑くなるのは8月中頃)。 

2011年7月

ここ数日の気温の上昇とともに頭をよぎるのは昨年の猛暑。日本気象協会によると、昨年ほどではないものの今年も東日本・西日本では蒸し暑い日が続く見込みだそうです。電力不足対策として節電は大切ですが、気をつけたいのが「熱中症」。

適度な水分、塩分の補給に加え、身体の熱をどう放出するかが今夏の課題です!

暑さ = 汗 について考える

暑さ = 汗 について考える

猛暑はこたえますが、夏は暑く、暑ければ汗をかくのがあたりまえ。

けれども、クーラーで慣らされた身体は、汗の出を抑えられ、また、かいた汗を冷気で引っ込めると冷えが体内に留まり(汗の内攻)、腎臓に負担をかけ、特に女性は生殖器にも影響が及びます。

とかく汗は嫌われますが、本来は汗をかくことで体がゆるみ、体内の老廃物や毒素を排出させる働きがあります。この季節になると、汗をかきにくく、体がむくみ重たくなる人はいませんか?

そんな方は、後頭部に温湿布をすることで、汗が出やすくなりますよ!

節電モードの今夏は、体に弾力をつけるチャンスです。この機会に上手に温度調節できる身体を作っていきましょう。 

腎臓の働きを高める

寝ている間に、夏風邪を引いてしまった経験はありませんか?
実は、お腹だけでなく、足の甲を冷やすのも寝冷えの原因になります。
こまめに汗を拭ったり、着替えたりすることも冷えを体内に取り込まない工夫です。
冷えたかな、と思ったら、足湯をして、冷えをしっかり追い出しましょう。

ホリスティックケアのススメ「2011年1月(睦月)」をご参考に。

夏の味覚で暑さをしのぐ

夏の味覚で暑さをしのぐ

体内に熱がこもると発散できず、“心(しん※)”に負担をかけることになります。夏野菜はもちろん、苦味にも熱を冷ます作用があります。食事に加え、夏を美味しく快適に過ごしましょう。

ミョウガ、ゴーヤ、セロリ、レタス、オクラ、ナス、トマト、キュウリ、冬瓜、枝豆、メロン、スイカ

※ 心(しん)とは……漢方用語。西洋医学でいう「心臓」の働きだけでなく、生命活動を維持する働きや精神活動も意味します。

月の朔望

2011年6月(水無月) カビ対策&夏の暑さに適応しやすいからだづくり

梅雨の季節の暮らしとからだ

二十四節気・・・

芒種(ぼうしゅ)6月6日 芒(のぎ:穂先が尖った形)の穀物の種をまく季節。
夏至(げし)6月22日 一年で昼間の時間が最も長い。 

2011年6月

今年は梅雨入りが例年より早く、関東甲信越地方では5月27日で観測史上2番目となるそうです。これから約1ヶ月間は、雨や湿気とお付き合いをしていかなくてはなりません。カビや食中毒など、菌類の繁殖が気になるこの時期、しっかり予防して快適に暮らしたいものです。

また、高温多湿で汗ばむ日が続いたかと思うと、急に冷え込むなど、体調のコントロールが難しい季節でもあります。夏に向けて暑さに適応しやすいからだの準備も始めましょう。

暮らしの殺菌@アロマセラピー

暮らしの殺菌@アロマセラピー

アロマセラピーで使われる精油のほとんどに殺菌作用があります。中でも殺菌力が強く、カビや水虫などの真菌類にも効果的な精油を使ったアロマスプレーをこまめに吹きかけてみましょう。作り方はとっても簡単。爽やかな香りが広がり、気持ちもスッキリ清々しくなりますよ!

スプレー容器に、無水エタノールなどアルコール性のもの10mlと精油20滴を入れよく混ぜ合わせ、精製水またはミネラルウォーター40mlを加えます。よく振ってから気になるところへ吹きかけます。

オススメ精油ブレンド:ティーツリー10滴+ペパーミント4滴+レモングラス6滴

①キッチン周り・・・まな板、ふきん、三角トレー、ゴミ箱など
②浴室内・・・壁、洗面器、シャンプーや石鹸容器など
③足元のケア・・・靴やサンダル、足の裏や指先に

※お肌が敏感な方は、精製水またはミネラルウォーター50mlに滴数を控えめに精油を混ぜ、毎回良く振ってお使いください。

腎臓の働きを高める

腎臓の働きを高める

暑さに順応していくには、熱を発散しやすいからだになることが大切です。それは、汗をかきやすいからだ=「腎臓の働きを促す」ことです。

①左右のわき腹をつまみ外側へゆっくり軽く引っ張る
吸う息で引っ張り ⇒ 吐く息で緩める 約10呼吸行います

②両手を背中側のウェストの位置(腎臓の辺り)に当て、上下にさする

※腎臓は、腰の辺りに左右ひとつずつ。握りこぶしよりやや大きいソラマメのような形をしています(図を参照)。

③おへそと下腹部に両手を置き、左右にゆっくりさする

お腹、腰のあたりが温かくなってきたらOKです。

月の朔望

2011年5月(皐月)春眠暁を覚えず

五月と上手につきあう暮らし方

二十四節気・・・

立夏(りっか)5月6日 夏が始まる日。野山が新緑で彩られ、夏の気配を感じる頃。
小満(しょうまん)5月21日 草木などの生物が育ち、生い茂り満ちるという意味。 

草木が芽吹き、新緑の美しい季節がやって来ます!生物は冬眠から目覚め、成長・活動を始める季節です。

一方で、夏のように汗ばむ陽気かと思えば、急に冷えたりと気温の変化に心身が振り回される季節でもあります。この時期よく耳にする「五月病」。新しい環境に適応するために続いていた緊張感や焦燥感から自律神経のバランスが乱れ、だるさや無気力感が出てくる状態をいいますが、どうやら五月の気候の不安定さとも関係しているようです。

今回は、私たち人間も自然の一部と考える中国医学から、五月の季節的な不調を乗り切るヒントを見つけましょう。

中国医学における五月頃の季節

中国医学における五月頃の季節

この季節は、「肝(かん)」の働きが活発に。 

  • 血液を蓄えて調節する
  • 気の巡りを調節する
  • 精神・感情を調節する など機能を調整する働きをします。

肝は、ストレスの影響も受けやすいので、イライラせず、のんびり、ぼんやり過ごすことを心がけましょう。

対策

対策

① お風呂にゆっくり入る:
好きな香りをバスタブに入れると更に効果的。休日の昼間に入ると、時間に余裕があり気持ちもゆったりするのでオススメです。


② 好きなことをする:
軽い運動や散歩、自然と触れることでリフレッシュ、好きな音楽を聞くなど、自分が心地良いと感じられる時間を過ごしましょう。


③ 旬や滋養強壮の食材を食べる:
鰻、牡蠣、山芋、黒豆、ごま、キャベツ、ほうれん草、豚肉、レバー、菊花、セロリ、ごぼう、生姜、ネギ、筍、あさり、せり、ナツメ、クコの実、紫蘇など


不安定な季節や新しい環境下では誰もが疲れやすい状況です。まずは「休め」というサインだと捉え、ゆったりと過ごすことが大切です。

※ 長引く場合は、精神科や心療内科、その他の医療機関の受診や、カウンセリングの利用など専門家にご相談ください。

月の朔望

2011年4月(卯月)春はあけぼの

ストレス緩和

二十四節気・・・

清明(せいめい)4月5日 清浄明潔の略。清々しく明るい季節が訪れるの意。
雨穀(うこく)4月20日 あらゆる穀物を潤す春雨は成長をうながします。 

2011年4月

3月の巨大地震と大津波は、誰にも経験のない未曽有の出来事となりました。多くの犠牲者にお悔やみを申し上げますとともに、被災者の方々にお見舞いを申し上げます。

新しく不慣れな環境下で緊張が続く4月。季節の変わり目は気温の変動も激しく、ストレスから体調を崩しやすくなります。さらに、先の東日本大震災により、誰もが少なからぬストレスを抱え生活しています。自覚の有無を問わず、心身への影響はかなりのものだと考えられます。そこで、今回は長引くストレスへの対処法を取り上げます。できるところから実践され、少しでも平穏な時を過ごされますよう願っています。

呼吸法で自律神経を整える

呼吸法で自律神経を整える

2週間以上緊張状態が続くと自律神経のバランスが崩れ、不眠・頭痛・腹痛など不調が現れ始めます。そこで、自律神経を、唯一自分でコントロールできる「呼吸」法を行いましょう。吐く息で筋肉が緩みリラックスし、自律神経のバランスを改善します。

① 息を「ふ~」と口から吐き出す。お腹が引っ込むように。

② 口を閉じ、舌を上あごにつけ、鼻から息を深く吸い込む。お腹を膨らませるように。

③ 再び口から息をゆっくり吐き出す。②の吸う時間の倍くらいのペースで。

<コツ>
両手を下腹部に当て、お腹が引っ込んだり膨らんだりすることを意識します。(腹式呼吸)
お腹の中にボールがあり、息を吸うと膨らみ、吐くとしぼむイメージで。

アロマセラピーで安らぐ

アロマセラピーで安らぐ

① ショックや深い悲しみ、心身の激しい消耗

ネガティブな思考をストップ。心拍を安定させ、安らぐ
キャリアオイル大さじ1(15ml)、ネオレンジ2滴、ベルガモット3滴、ゼラニウム2滴

② 長期的ストレスによる無気力
自律神経のバランスを取り戻し、明るい気分

キャリアオイル大さじ1(15ml)、マジョラム1滴、プチグレン1滴、パイン1滴

<使い方>

  • みぞおちに塗り時計回りに撫でる。
  • 手首~肘まで塗り、手首をグルッと撫でたり、腕の内側の真ん中のラインを手首→肘まで親指で押し上げる。(右写真)

③ 子供のストレス
柑橘系(マンダリン、ベルガモット、オレンジ)をティッシュやお湯の入ったマグカップに2~3滴垂らし嗅ぐ。

月の朔望

2011年3月(弥生)暑さ寒さも彼岸まで

月と暮らそう

二十四節気・・・

啓蟄(けいちつ)3月6日 冬ごもりの虫たちが春の気配に地上にはい出てくる頃。
春分(しゅんぶん)3月21日 昼夜の長さがほぼ等しく、この日を境に昼が長くなる。 

2011年3月

私たちは、気温の変化や湿度、気圧など自然から影響を受けています。今回は「月のリズム」について考えてみましょう。

潮の満ち干き

月の影響といえば、潮の満ち干き。満月の日のウミガメの産卵(人間も、満月の夜にはお産が増えるそうです)。狼男?…地球全体に様々な影響を及ぼしていることがわかります。昔の人は月の満ち欠けに名前をつけ、そこから日付を知り(旧暦)、農作業にも役立てていました(農事暦)。

<新月> 月と太陽が同じ方向にあり月を見ることができません

キーワード:「浄化」「解毒」「排泄」「新しいことを始める」

1ヶ所でもキレイに掃除したり、いらないものを処分しましょう。お風呂や半身浴、足浴などで発汗させデトックス、夕食を抜くなどプチ断食で胃腸を整えるのも吉。習い事やダイエットのスタートもこの日に。アロマ精油なら、ジュニパー。浄化を手助けします。

<上弦の月> 満ちていく月(新月~満月までのおよそ14日間)

キーワード:「補給」「摂取」「保護」「休養」

ビタミンやミネラルが吸収されやすく欠乏症の改善には良い時。逆に普段より太りやすいので食べ過ぎには要注意。出血しやすくなるので怪我には気をつけましょう。植物も水分を吸収しやすいので与えすぎに注意。満月に近づくにつれ、それらの傾向が強まります。

<満月> 月が太陽の反対側にあるため月全体が丸く見えます

キーワード:「融合」「受け入れる」「結びつける」

引力が最も強まります。直感力が冴え、創造的な活動に適しています。コミュニケーションも円滑で交渉事がスムーズに運ぶでしょう。何事も過剰になりやすいので、少し抑制して過ごすと良いでしょう。この日に収穫された作物を摂取すると生命力が高まります。

<下弦の月> 欠けていく月(満月~新月までのおよそ14日間)

キーワード:「解毒」「洗浄」「発散」「乾燥」

掃除、洗濯など家事の効果があがりやすい時期。庭木の剪定や除草にも適しています。出血が少なく傷の治りが早い時なので、手術や治療に適しています。薬の副作用も少なく、回復期間が短くすみます。この時期は吸収力が弱いので食べ過ぎても太りにくい傾向です。

月の朔望

2011年2月(如月)三寒四温、キーワードは「緩む」「開く」

鬼は外、福は内


二十四節気・・・

立春(りっしゅん)2月4日頃 節分の翌日で冬至と春分の中間。寒さがあけ春になる。
雨水(うすい)2月19日頃 雪が雨に変わる。農耕の準備をはじめる目安の頃。

2011年2月

2月3日「節分」といえば豆まきですが、ヒイラギの枝に鰯の頭を刺し門口に飾る風習をご存知ですか?

ヒイラギの葉の棘と、鰯の臭みで鬼(邪気)を追い出します。

鬼もなかなか大変ですね。

スギ花粉飛散予想は昨年の5~10倍!そろそろ気になる花粉症

寒い冬の間エネルギーを蓄え閉じていた身体は、春に向かい緩んで開きはじめます。縮こまった背中が左右へ開くのに連動して頬や鼻の骨も開きますが、上手く対応できないと、くしゃみをしたり、目や鼻の粘膜をグシュグシュにして開こうと頑張るのが花粉症だともいわれます。まだ、罹っていない方にも発症する可能性があるそうなので、油断は大敵。

予防編;全身の60%の免疫システムが集まる腸内環境を整えましょう

予防編;全身の60%の免疫システムが集まる腸内環境を整えましょう

キャリアオイル20mlに、カモミール・ジャーマン3滴、ラベンサラ4滴、バジル3滴を混ぜます。

① お腹のマッサージ

へその周りにオイルを塗り、左下腹部から、やや広い範囲で時計まわりにマッサージ(苦しくない程度に指の腹で圧を加え、食後1時間は避ける)

② 足の土踏まず(消化器系の反射区)のマッサージ 

親指を中に手をグーにして人差し指から小指の第2関節を使い、招き猫のように手首を動かし土踏まず全体を刺激する。
腸内菌のバランスを保つレンコンエキスも役立ちます。

緩和編;粘膜の炎症を抑制するアロマ精油を選びましょう

緩和編;粘膜の炎症を抑制するアロマ精油を選びましょう

~鼻づまり、鼻粘膜の炎症~

① 吸引
お湯をはったマグカップにパパーミント2滴、レモン2滴、ユーカリ・ラジアタ3滴を加え、目を閉じて吸い込む

② 鼻周りのマッサージ 
キャリアオイル10mlにユーカリ・ラジアタ2滴、ペパーミント1滴、ローズマリー・シネオール1滴を加え、両小鼻、鼻柱に塗り、中指と薬指で円を描きながら耳の後ろに流す

③ 塗布 
レンコンを皮ごとすりおろし、ガーゼなどで絞り、汁を綿棒につけ、鼻の穴に塗る(鼻水の量も減る)

~目の痒み~ 
精製水30mlに、ペパーミント2滴、レモン2滴、ラベンダー1滴を加えよく振り、目を閉じてスプレーする 

月の朔望

2011年1月(睦月)恭賀新年

一陽来福、新しい年に向けて

二十四節気・・・

小寒(しょうかん)1月5日頃 「寒の入り」。寒さがしだいに厳しくなる時期。
大寒(だいかん)1月20日頃 寒さが最も厳しい時期。

2011年1月

明けましておめでとうございます。3日箱根駅伝の復路スタート地点、芦ノ湖はうっすら雪景色。いよいよ本格的な寒さの到来です。7日にいただく七草粥は、正月休み中に疲れた胃腸を整え、冬場に不足しがちな栄養素を補い、一年間健康に暮らせるそうです。さて、春の七草は全て言えますか?

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ 

万病のもと“冷え”にご用心

万病のもと“冷え”にご用心

この季節は風邪をひきがち。寒さのため、少々の無理でも免疫力が落ち、たちまち“冷え”が入り込みます。とりわけ冷えやすい首はマフラーやスカーフで常に保温することが大切。首の後ろの骨のでっぱりに手を当て、いつまでも温かくならなかったら要注意!体が冷え始めたサインです。ゾクッときたら、早めに“冷え”を追い出しましょう。 

冷え撃退法

・温湿布(タオルを2本用意します)

【アロマの精油で】
洗面器にお湯(80度前後)を入れ、ティートリー、ユーカリ、ブラックペッパー、シナモン、マジョラム、ゼラニウムなどの精油2~3滴を垂らす。

【生姜で】 
すりおろした生姜(約100g)をお茶パックに入れ、大きな鍋(2~3リットル程度)で沸騰しない程度のとろ火で熱し、エキスをタオルに浸す。 タオルをしぼり(熱いので注意)温湿布を作り、首のつけ根や肩甲骨の間に当て、上から厚めの布で保温する。(タオルが冷えてきたら交換し、一ヶ所約15分程度)

*肩こりや眼精疲労にも効果的。

*同様にお腹や腰を温めると手足の血行も良くなり、疲労回復に。

・足浴(洗面器を2つ用意します)  

両足が入る程度の洗面器2つにそれぞれお湯と水を入れ、まず湯に足を入れ、差し湯をし徐々に温度を上げていく。足が温まってきたら、水に入れ約30秒~1分。再び湯に入れ・・・を交互に繰り返し水で仕上げる(湯だけで行うより発汗が早まります)。

*温湿布①のアロマ精油を湯に入れると更に効果的。

・葱味噌スープ(1杯分)

a.葱3~4cmを粗みじん切り b.鰹節一つまみ(約1g) c.味噌大さじ1(18g)
a~cの材料をカップに入れ、熱いお湯を注ぐ。お好みですりおろし生姜をいれる。

月の朔望